×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 + NepalB (2008.10.30〜2008.11.02)

※写真提供:ロッキーさん(カメラ紛失のため)


誕生日翌日、あらためてカラパタールに登頂した


雲が滝のようです


二回目でもキツイものはキツイよ


しかし、晴天!絶景!


前日は見えなかったプモリが北側にどどーんと姿を見せた


プモリに向かって叫ぶ


祈りたくなるほどの神々しさ


翌日早朝は珍しく雲に覆われていた


凍てついた大地、超寒かった


うっすらと姿を見せ始めた山


朝日、あったかい!


雲があるのもミステリアスで美しい


チョラパスまでの厳しい道、いや崖


これがチョラパスから、標高は再び5,368mまで上がった


TOP CHOLLA PASS


これ、息が上がるからテイク3までが限界


晴れやかな笑顔です


どこか天上の地に辿り着いたかのような景色


ここから雪が積もってました


普通のスニーカーなので滑って進まん


行き倒れのフリなんやけど、気持ちよさそう


完全に雲の上にいます


ふざけてるように見えるけど、この斜面は笑えないほど急でした


はるか下に建物が見える


雪を越えたら次は湖


そして、砂。いろんな景観が楽しめるすばらしいルート


湖沿いに作られたゴーキョの町が見えた


ゴーキョで一泊し、早朝にトレッキング最後の目的地、ゴーキョ・リを目指す


美しすぎる湖がすぐ側に見える


想像以上に遠かったが、ものすごい勢いで頂上まで登った


360度、7,000m以上の山に囲まれっぱなし!


標高5,357m、湖があんなに小さく見える


エベレストもずいぶん遠くなったもんだ


エベレストを制覇しました


さぁもう思い残すことはない


下山開始!


帰り道も絶景、しかも途中まで行きと違う道なのがうれしい


最終日、ものすごい勢いで緑溢れる下界まで下った


さようならアマ・ダブラム、また会おう


このセスナで、この一本しかない滑走路で、いざカトマンズへ



TOP PAGE / BACK
 

COPYRIGHT (C) 2008- Traveler's high ALL RIGHTS RESERVED